December 15, 2005

贅沢な時間

みなさんにとって贅沢な時間とはどんな時でしょう。
昨日もまたきれいな夕暮れでついついカメラを取り出し撮影してしまいました。
そんな時贅沢な時間を過ごしてるなぁ・・・って思うのはオレだけかな。


なんでそれが贅沢かっていうとね・・・
1、美しい夕日がいつも見れるとは限らない事。
2、日没は一日に一度って事。
3、その場に居合わせなければ見れない事。
4、同じ夕日は二度とない事。
5、その場にいないと感じれない事。
6、その景色は永遠ではない事。

などかな。

子供の頃、家の前の道路に出ると東西にまっすぐ長い高速道路のような国道があって、当時は建物がぜんぜんなくって鈴鹿山脈に沈む夕日がきれいに見えたんだよね。その国道に架かる高い橋があって犬の散歩係だったオレはよくその国道に架かる高い橋の上から犬を連れながら沈み行く夕日を眺めてた覚えがあります。西に向かって伸びる片側2車線のちょっと広めのその国道は2〜3km先まで見通すことができて、日暮れとともに照らしだされるたくさんの車の去り行く赤いテールランプの列とこっちに向かって走るヘッドライトの列がとてもきれいだった。
今ではその国道の上に第二東名が建設され、昔よく夕日を眺めたその高い橋をまたいでさらに高いところに新しい高速道路の高架が架かってしまいました。
もうその美しい眺めを見る事はできなくなっています。

仕事で日が暮れるまで壁に囲まれたオフィスで仕事をしていては、夕日を見ることができない。
日が暮れる時間に高いビルに囲まれた街の中にいても同じだ。

そんなタイミングにこうしてその場にいられるってことはとても贅沢な時間だと思うんです。
でもそう感じられるのは、その場にいるからで人に昨日の夕日がとてもきれいだったとそんなこと
を言われても「あそう・・」で終わってしまうだろう。
感じることは自分しかわからないから・・・。

夕日に限らずいいタイミングでそこにいられたなって思うことすべて贅沢な時間だけどね。
そう考えると今こうして生きてることじたい贅沢な時間といえるのかも・・・


夕日1刻々と変化していく様子を何枚も撮ってしまいました。どれを載せようかと迷うほどたくさん撮っちゃった。どれも同じように見えるけど、オレには全部違う。今あそこの雲んとこ赤く染まっていい感じじゃん!みたいなね!たぶん他の人が見てもどうってことないのはわかってるんだけどね。





夕日2








夕日3








夕日4








夕日5








夕日6\







夕日7
zuckyfm at 18:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター